2001 TSST 2nd Stage RESULT

// 2001-07-21 00:00 // INFOMATION, RESULT

2001年7月14日(土)に2001TSST第2戦in葛西が開催されました。

前日までの暑さがウソのようにかなり冷え込み、かなり厳しい状況でした。
この渋い状況の中、3名がキーパーサイズをキャッチしました。
大会結果は以下の通りです。

順 位 氏 名 ポイント数
1 位 大平 勇治 50ポイント
2 位 富井 孝 45ポイント
3 位 藤田 重徳 40ポイント
4 位 霜田 祐介 38ポイント
6 位 林 比呂志 36ポイント
6 位 白川 真一 36ポイント
7 位 北 雅至 35ポイント
9 位 杉浦 克巳 32ポイント
9 位 横山 誠 32ポイント

2001年第2戦チャンピオン

藤原 雄一郎さん
おめでとうございます!

コメント

スタート前に
「作戦は?」って聞かれたんだけど、いつも通り何も考えていない。実釣取材じゃプラなんて無いことも多いしね。
ただ、何があってもいいような用意だけはしていた。

スタート!。ゆっくりと歩いて橋の上に差し掛かると、思ったよりも風が強い。すると、自然と水路に下りてロッドをキャストしていた。
移動しながら打っていくと、流れの変化のある場所にベイトが溜まっている。粘ってると向こうでエボさんがフッコクラスをヒット。続いてミートさん。
少し経ってわたしにも48。
しかーし! さい先良いじゃないと思ったのもつかの間、知らないうちにロッドにキズが入っていたらしく、取り込むさいにディップが折れてしまう。
ここで30分の痛いロス!
戻ると、その間にミートさんが60UPをゲットしていた。
「やっばっー、こりゃ負けパターンだよっ!」
案の定、後が続かず沈黙のまんま。

そこで風向きが少しだけ変わったので、荒川側へ。
内側、外側とも、舐めるようにラインに通し、怒濤のルアーチェンジで2時間みっちり叩きまくるが反応が無い。
そうそう、このルアーチェンジって種類じゃなく回数のこと。反応無いときなんかは、パターン試しで人の数倍はしてるんじゃないかなぁ。たぶん。

時は、すでに2時過ぎ。
状況的に水路有利。しかし満員状態だ。
そこで「ある作戦」を企てて、先ほどとは少し離れた場所に入った。
作戦には、ある変化が必要なので、そのあいだ休憩していると眠気が・・・。眠い、眠すぎるぅ。何でジッとするとこんなに眠いんだろう。しかし、意識を失ったら作戦失敗なんで、腿にフックをチクチクさせながら、ひたすらそれを待つ。
30分は待っただろうか。「おっしゃーっ!」カバっと起きあがる。
5分後、ラパラでフッコクラス掛けるが、痛恨のバラシ!
そして10分後、ワームでついに66をゲット!
「ある作戦」は成功したわけだけど、これはまた秘密。うっしっし。でも、分かる人には分かちゃうかなぁ。

この後、あれこれやったけど時間を向かえ試合終了。

今回、獲った2尾はともにワームだったけど、取材でもプライベートでも、ワームを使うことは殆ど無い。
TSSTはトーナメントで勝つことが最終目標。可能性があるのなら、ワームもOKだと自分では思っている。
もしかしたら次回、ワームを使用する人が多くなるかもしれない。しかし、葛西で4lbや6lbの直結でスズキクラスを獲るのは非常に難しい。
雑誌を鵜呑みにするのではなく、自分の「常識」から考えれば良いのでは、と思う。
使い方や釣り方、リグの工夫次第じゃないかなぁ。
現に今回のわたしのシステムは、PE16lbのリダー25lbに8.8ftの30gをキャストできるロッドだった。
これでも釣れるのだし、これだから獲ることができたと思っている。

正直、ラインブレーク続出!なんて聞きたくない。よね~。

フージ、実行委員の方々お疲れさまでした。次回も楽しみにしています。

2位

上野 真弘さん

コメント

葛西の西渚で釣るのは、地元なのに第一回と今回の二回目なので、前回の経験しか有りません。
そこで、メインのポイントは水路に決めて行きました。橋の横にあるワンドに降りると、ベイトが足元から離れないので、この先には必ずいると思い釣り始めると、まもなく隣の人がバラシた後にゲットしたので、それを検量
した時にルアーをカンニングして、7CMミノーからワンダー60に変えると私も、まもなく1ゲット出来ました。
ベイトはまだ足元から離れないので、投げていると2尾目をゲット出来ました。
第一戦、第2戦の優勝者の検量をしているので、読みは当たっていたと思います。
大平さんの検量をした時は、見ただけで「やられたー!」とおもいました。

タックル 自作7フィート ルアーワンダー60、アスリートS7
PE1.2+フロロ5号

3位

大平 勇治さん

コメント

今回、2度目の参加で葛西もまだ良く分かってないので取りあえず南風が強いため軽いルアーでも投げられる水路へ向かうと橋と荒川の中間辺りで魚の気配があったので当日購入したラパラCDSR5を投げ、ちょっと早めに巻いてきて手前のゴロタの浅いところまで引いてきた所でゴツゴツと根がかりしそうだったのでちょっとロッドを
あおったらヒットしました。
スタートして一投目でした。
その後はバイトはあっても乗らず、そのうちに根がかりしたワンダーをドラグを締めながらグングン引いていたらドラグが壊れて全く効かない状態になり釣りになりませんでした。
運だけで釣れたような1匹でした。
前回はジャンケンで最後から2番目だったのでとてもうれしいです。
次回もよろしくお願いします

ウェイイン情報

下記のリストは、時間を元に各人の釣果を纏めたものです。

時 間 氏 名 サイズ ポイント ルアー
23:30 藤田 重徳 60cm 水路 ラパラシャッドラップ
23:30 林 比呂志 46cm 水路 X55
23:42 杉浦 克巳 42cm 水路 コモモ
23:44 白川 真一 46cm 水路 アスリート
23:48 富井 孝 45cm 水路 ワンダー60
23:55 大平 勇治 48cm 水路 ワーム
0:00 長谷川 秋介 48cm サーフ ダゼミノー50
0:15 富井 孝 61cm 水路 アスリート
3:10 霜田 祐介 47cm 水路 ベイスラッグ
3:30 大平 勇治 66cm 水路 ワーム
3:40 横山 誠 42cm 水路 サラナ80
4:01 北 雅至 44cm 水路 ワーム

 
 
 

TSSTTSSTについて | TSST OUTLINETSST RESULTTSST RULESTSST SCHEDULE

Leave a Reply