2002 TSST 4th Stage RESULT

// 2002-09-21 00:00 // INFOMATION, RESULT

2002年9月14日(土)に2002TSST第4戦が開催されました。

参加表明者 92名
参加者 88名
TSST 第3戦よりも多くなった第4戦。いつも参加して頂いている人。今回がはじめての参戦の人。この88名のアングラーが、東京湾奥という舞台で、同じ時間を共有する。
受付時の天気は、曇り。天気予報では、雨となっていたが、なんとか保っている様子。受付を済ませた多くのアングラーが、時間の経過を待っている。開会式の後、アングラーは、駐車場出口に殺到。我先にポイントへ向かおうとする。
今回のTSSTでは、参加者としてCROSSROAD代表である藤嶋も含まれている。CROSSROADの代表として恥じない結果を出すことができるかも見物である。果たして結果の行方は如何に・・・

大会結果は以下の通りです。

Rank Name ハンドル チーム名 1 2 3 Total POINT
1 高橋 タックルアイランド 64 60 63 187 50
2 大野 ゆうちん チームCTMS 51 55 65 171 45
3 大平 56 60 52 168 40
4 加藤 チーム・アッコ 46 52 64 162 38
5 野上 sunday 新小岩釣り部(仮) 52 54 55 161 37
6 津久井 新小岩釣り部(仮) 44 54 49 147 36
7 村瀬 チームバーミャンズ 45 48 52 145 35
8 矢部 チーム・アッコ 55 76 131 34
9 服部 64 48 112 32
10 福田 ふくちゃん 湾奥会系チーム糸団子 43 59 102 30
11 佐藤 団長 TEAM M Power 46 51 97 28
12 村山 mura 絶対アイドルTeam
チェリーボーイズ。
47 48 95 26
12 賀久 へべれけ 48 47 95 24
14 大本 関互釣りクラブ チームぼうず 35 59 94 22
15 塩原 50 43 93 20
16 48 30 78 18
17 大堀 ユウ TEAM黒帯ドラゴン 32 37 69 16
18 西川 ばーみやんず 34 33 67 14
19 斉藤 チーム・アッコ 63 63 12
20 和記 関互釣りクラブ チームぼうず 56 56 10
21 山下 チーム・アッコ 55 55 0
22 西岡 RFC 54 54 0
23 立石 SP 絶対アイドルTeam
チェリーボーイズ。
51 51 0
23 池上 IKECK 51 51 0
23 横山 まこと 51 51 0
23 横山 だいぞ~ 絶対アイドルTeam
チェリーボーイズ。
51 51 0
27 長尾 Ezy 50 50 0
27 上澤 Uesawa TEAM M Power 50 50 0
29 矢部 49 49 0
30 橋本 ハシモト 48 48 0
31 高見 47 47 0
32 小島 DJ コジ 湾奥爆釣族 46 46 0
33 渡邊 チームCTMS 44 44 0
34 池田 鱸一家 関東鱸一家 38 38 0
35 藤田 ふじた 東京湾奥隅田川支部 34 34 0
36 小西 コニスケ 33 33 0
37 三浦 M 32 32 0
37 伊藤 新小岩釣り部(仮) 32 32 0
39 真鍋 31 31 0
小嶋 不二子 絶対アイドル Team
チェリーボーイズ。
N/F 0
田邊 NightRaid80F なし N/F 0
塩谷 angrider N/F 0
井高 jhon456 TEAM BIG MINNOW LANKERS CERA N/F 0
徳山 YOTA8 N/F 0
北口 N/F 0
秋山 N/F 0
松田 バンジー松田 Gijie 富山 N/F 0
藤嶌 わいるど N/F 0
高橋 N/F 0
五十嵐 Gijie 富山 N/F 0
山本 N/F 0
押田 ひまわり N/F 0
庄子 めぐ N/F 0
上原 tekeshi N/F 0
大谷 RFC N/F 0
杉浦 katsumi@埼玉県 N/F 0
岩爪 ZUMEZUME 無所属 N/F 0
三平三平 新小岩釣り部(仮) N/F 0
小森谷 新小岩釣り部(仮) N/F 0
齋藤 N/F 0
武田 あるりん N/F 0
大場 N/F 0
舟久保 フナ N/F 0
五ノ井 新小岩釣り部(仮) N/F 0
武冨 T.com 黒帯ドラゴン N/F 0
前嶋 N/F 0
藤嶋 ふ~じ N/F 0
村田 東京湾フロータークラブ N/F 0
植木 チームバーミヤンズ N/F 0
小室 ハマサ TEAM BIG MINNOW LANKERS CERA N/F 0
稲木 inack なし N/F 0
小島 チーム・アッコ N/F 0
山田 チーム・アッコ N/F 0
中丸 チーム・アッコ N/F 0
久保田 チーム・アッコ N/F 0
渡辺 チーム・アッコ N/F 0
橋本 チーム・アッコ N/F 0
洞内 チーム・アッコ N/F 0
赤澤 チーム・アッコ N/F 0
中村 N/F 0
松井 MATSU N/F 0
中村 英丸 関東鱸一家 N/F 0
山口 akira N/F 0
松永 海太郎 N/F 0
渡部 Vertical N/F 0
谷口 関互釣りクラブ チームぼうず N/F 0
木村 キムッチ 関互釣りクラブ チームぼうず N/F 0
白川 白川(一部ではマッチョ) N/F 0

2002年第4戦チャンピオン

高橋 勇吾さん
おめでとうございます!

私はT.S.S.T第4戦を迎えるにあたって約1週間前プラを始めました。以前からの感じで一晩湾奥を回れば,40~55cmくらいのはそろえられるだろうと思っていたので当日の同行者の高見さんが荒川担当、私が多摩川担当と言う ことになりました。しかし、そこでハプニング結局多摩川には雨で一日しかいけず,南東京AND今回のハニースッポト中央防波堤にLETS,GOすることにしました。
まず、一目散に中防に行きました。前日のプラから夜光虫がいたのでレンジミノー70ESのデット巻きプラススピード変化でブレイクをつり始めたらあら不思議5投で64cm、その後4投で60cm、矢継ぎ早に3投で63cmが釣れてしまったのです。私はこの半年湾奥を回って大物は65cmと72cmの2本だけ、まさに夢のようなひと時を体験してしまい。私の脳は天国にトリップしてしまいました。そして、朝を迎えウエイン、結果、優勝私はそのまま天国に昇ってしまいました。めでたし。めでたし。
レンジミノーバンザーーーイ。
T.S.S.Tのスタッフの皆さん今回も本当にお疲れ様でした。又、参加させていただきますので宜しくお願いします。有難うございました。

2位

大野 ゆうきさん

大会側スタッフの皆さんご苦労様でした。参加者の皆さんお疲れ様でした。

大会3日前にロッドを折ってしまい、大会前日にロッドを購入、そしてその日に中央防波堤へロッドの感触を確かめるために行き、70UPを釣る事ができました。数も結構いた感じだったので当日もスタート開始早々に中央防波堤に向かうことに。するとかなりの人、ひと、ヒト… まず前日、魚をとった場所でやっていると優勝者の高橋さんに立て続けに60UPを3尾、目の前で釣られてしまいへこみまくり、焦りながら少し場所を移動。
風か潮のせいなのか手前の浅いところに夜光虫がいるもののブレイク付近はそうでもない、アスリートS9で変化のあるブレイクをスロー&ジャークで51cm・45cmをとることができました。中央防波堤で終了まで粘れば型もリミットも揃えるのは確実でしたが、ここの魚だけでウェインしたくないという気持ちがあったので短時間で答えの出る場所を日付が変わる頃までに2箇所まわりました。芝浦は水が悪く、魚気がなく10分ほどで移動、有明では大会1時間まえにベイトもいて50cm代のシーバスもヒット確認していたので1本はとれると確信していったもののベイトのイワシが全部消えてる… ここも20分くらいやって反応がないので1時過ぎには荒川の平井に着くようにしました。小潮ながらも北よりの風が少し吹いていてある程度流れもあるのでまずは、水上バス乗り場からチェック、イナっ子が岸際に群れていました。ベイトを狙って水中のストラクチャーにいるシーバスをラパラCD9で2回掛けるがヒット直後の首振りでバラシてしまい、一緒に行動していた渡邊さんも40cmクラスをバラシ、その後やっと岸際をスローで引くとほぼ水面に顔をだして泳いでいたTKLMが音を立てて消えました。なんとか55cmを釣り、少しポイントを休ませるため水門と橋桁をチェックしに行きました。水門は反応がなく、橋桁では桁沿いに流れに乗せてTKLMを流すと50cmくらいのがヒットするもののジャンプ一発でフックアウト。3時半ころに水上バス乗り場にもどり、また2度ほど掛けるがバラシ…。空も明るくなりかけた4時半過ぎ、サイズアップをはかるために中央防波堤に向かい5時過ぎ到着。朝マズメを控えた中央防波堤はヒトだらけ、やっぱり皆、同じ考えなんだなぁ~と思いつつ、風表&ガンガン潮が当っているところへ移動し手前2m干上がったところのブレイクからシャローにさしかかるところでTKLMにボフッ! 渡邊さんに思いっきり腕とタモを伸ばしてもらってなんとかランディングしたのが65cmでした。
結果あと少しで1位だったのにと、とても悔しい反面、賞品のディズニーのワンデイパスポートですが、ここ1ヶ月半、僕の釣りのでしすぎでスレてしまった彼女にピッタリのエサをありがとうございます。
(あんなに喜ぶとは思わなかった…)即バイトしてきました(笑)。。
次回も精一杯やらせていただきます!

大会前にロッド折るといいことあるって本当でした!

3位

大平 勇治さん

参加された皆さん、関係者の方々、お疲れ様でした。

今回は、前々からUさんとSさんに案内を頼まれていた多摩川で試合に臨んだ。
っといっても、最近他の川に通い込んでいたので、このところの状況はあまり分からない。取り敢えず諸条件を考慮して、比較的広めのシャローエリアを選ぶ。

現地に入り移動しながら叩いて行く。
まだ地合がきてないみたいで反応はないが、こんなときデカイのが食ってくることもあるから気は抜かない。
スタートから2時間ほど経っただろうか。
休憩に入る。気は抜いてないが、何にでもメリハリは大切だ。
幸い、釣友2人が、頑張ってくれている。
ここは、彼らに任せて・・・・。
フローティングベストなどという、ゴキゲンな枕もある。
「おやすみ….」
誰に言うこともなく呟き、川辺の草むらに横たわった。

「釣れたよぉ・・・・」と、遠くで騒ぐSさんの声が、熟睡の彼方からわたしを現実に引き戻した。
「予定通りだっ」と、全くの他人任せを自分のいいように解釈する。

まずボリュームのあるプラグで探る。
だがしかし、一向にバイトがない。ライズこそないものの、流れは釣れて良いはずのポイントを形成している。
普段の釣行なら、単発でもいいからこのまま粘ってデカイのを狙うところだが、今回はトーナメントであるし、3尾の合計サイズ。すでに30分は経っている。小潮とはいえ、それほど時間はない。
そこでカルマ90に換えると、いきなりヒット! フッコクラスだが、一尾目をゲット。
2人を呼んで狙い方を説明すると、ほどなくしてそれぞれフッコクラスをゲット。案内役としてはちょっと安心。
小移動しながらポツポツ拾っていき、入れ換えもしたが、流れの変化がなくなったところでそのまま終了。
一尾良型らしき魚をバラしたのが悔やまれるが、3人で同じポイントを叩いたので、デカイのがでなかったのはしょうがないかな。
楽しい釣りだったし、まぁ今回はこんなものでしょう。
クラシックはちょっとマジで行こうかなと思ってます。

4位

加藤 誠さん

チーム・アッコからの参戦で、第3戦同様ラパラのみと思い、前半釣れずにいたので半分諦めていました。しかし、縛り無しとの事で、朝方クルクルで勝負に出て、最後の1時間で運良く魚を手にすることが出来ました。次回は運じゃなく、実力で上位入賞を目指しま~す。
加藤誠でした。

5位

野上 賢一さん

TSST初参戦、5位入賞。ハッキリ言って出来すぎです。自分でも驚いています。
仕事時間を削って睡眠時間をキッチリ取ったのがよかったのかも(笑)
今回の僕たちの目的は、秋の本格シーズンに向けてお互いの友達同士を紹介してテンション上げてシーズンを迎えよう!そのきっかけとしてTSSTに参加してみよう。
そんな調子で参加させて頂いたのですが・・・思いのほかの好結果でした。

ポイントは荒川中流域でのウェーディング。ここに決めたのはプラ最終日の3:00AM頃。もう当日になってからです。ここに決めるまで港湾部も回りましたがやっぱり苦手。場所はわかってもポイントが絞り込めない(笑)で、チームで相談して結局ホームの荒川に。そのあとの荒川プラでも数があまり出なかったのですが、毎年の実績と最近の情報でも数が出ているらしく、北東の風、ここ数日の秋のカンジ、小潮のダラダラ下げっぱなし・・・悪くないかも?プラ最終日の最後に回った所でした。

当日はチームを3コに分けてスタート!100M下流チーム、対岸チームと、僕のいる所。ココの魚はどっかで釣れるだろ?そんな作戦でした。がっ!対岸チームは人が多くてすぐに移動!こっちは、なんと先行者が一番いい所に居たのでその周りでウロウロとやるけどやっぱダメ↓まだ潮位も高くあまり立ち込めない。そんな中で、下流チーム津久井が3本Get,伊藤君も1本Get。ちょっとアセる。
その後、先行者が上がったのでいいポイントに入ることができました。
小潮の緩く長い下げなので下げ止まりまで粘る事にしました。
風も程よく吹いていたので12:45AM~4:00AM迄で2桁Hit5Get2バラシ。
秋の第一陣なのか全部綺麗な固体でした。サイズも50cm~55cmでキレイに?
揃っていてサイズアップもあれこれ試みたのですができませんでした。

スタッフの皆さん、参加者の皆さん、新小岩釣り部(仮)部員の皆さんお疲れ様でした&ありがとうございました。次回も是非参加させていただきます。

 

ウェイイン情報

下記のリストは、時間を元に各人の釣果を纏めたものです。

No 氏名 時間 ポイント サイズ ルアー 写真
23 高橋 勇吾 21:45 中防 64 レンジミノー
23 高橋 勇吾 21:57 中防 60 レンジミノー
41 三浦 利光 21:57 京浜島 32 アイルマグネット
43 福田 純 22:00 シンキバ 43 サスケ
1 村山 健二 22:00 晴海 47 ビーフリー
20 小島 一浩 22:00 荒川 46 ビーフリーズ
23 高橋 勇吾 22:06 中防 63 レンジミノー
31 小西 大輔 22:10 南京浜島 33 Bフリーズ
48 塩原 潤一 22:25 京浜島 50 フライングダイバー
12 大野 裕規 22:26 中防 51 アスリートS9
3 横山 大介 22:29 フェリーふ頭 51 エアスピード80S
67 斉藤 亘 22:30 中央防波堤 63 X80
62 津久井 徹 22:45 あら川 44 ワンダー
83 服部 寛 23:00 荒川 64 ナイトレイド
48 塩原 潤一 23:00 京浜島 43 リーベイト
65 矢部 匡聡 23:10 中央防波堤 55 ラパラCD7
19 横山 誠 23:10 多摩川 51 シープ90
62 津久井 徹 23:35 あら川 54 ワンダー
62 津久井 徹 23:40 あら川 49 ワンダー
73 山下 肇 23:45 お台場 55 CD7
13 岡 堅司 23:59 昭和島 48 M8.8
55 西川 陽介 0:02 葛西橋 34 ワンダー80
55 西川 陽介 0:05 葛西橋 33 ワンダー80
1 村山 健二 0:18 晴海 48 ビーフリー
60 真鍋 卓展 0:30 タツミ 31 AileMG7S
38 野上 賢一 0:45 荒川 52 サラナ
78 伊藤 正洋 0:48 荒川 32 ワーム
82 池田 光男 0:55 若州公園 38 サラナ90
38 野上 賢一 1:00 荒川 54 サラナ
50 大堀 裕 1:05 羽田 32 CD-7
16 長尾 泰樹 1:10 辰巳 50 SINZOグレー
50 大堀 裕 1:15 羽田 37 Sin-Zo
91 村瀬 範恭 1:20 葛西橋 45 マーゲイ
91 村瀬 範恭 1:25 葛西橋 48 マーゲイ
2 立石 幸士 1:30 晴み 51 B・F・S RH78
13 岡 堅司 1:35 昭和島 30 M8.8
56 大平 勇治 1:36 玉川 56 バンザイカルマ
43 福田 純 1:40 アラカワ 59 X80
12 大野 裕規 1:54 荒川中流 55 TKLM
38 野上 賢一 2:10 荒川 55 グース
37 賀久 基紀 2:16 多摩川河口 48 ナイトレイド
18 上澤 聡 2:28 多摩川 50 K-TEN
17 佐藤 宣博 2:50 玉川 46 K-TEN
91 村瀬 範恭 2:51 葛西橋 52 ワンダー80
37 賀久 基紀 2:56 多摩川河口 47 サラナ125SR
56 大平 勇治 2:59 玉川 60 カルマ
17 佐藤 宣博 3:20 玉川 51 K-TEN
27 西岡 隆行 4:00 京浜島 54 ハンドメバイブ
26 矢部 修 4:10 荒川 49 プラメケ
57 橋本 誠 4:20 新木場 48 タイドスリム
56 大平 勇治 4:34 玉川 52 カルマ
88 大本 勝二 4:35 丸子橋下流 35 ラパラCD9cm
83 服部 寛 4:36 荒川 48 ナイトレイド
79 藤田 重徳 4:50 水上警察 34 ビーフリーズロングビル
88 大本 勝二 5:00 丸子橋下流 59 ラパラCD9cm
90 和記 毅 5:12 丸子橋 56 ラパラ
61 高見 誠 5:20 中防 47 80SW
12 大野 裕規 5:40 中防 65 TKLM
24 渡邊 潤 5:45 中央防波堤 44 X-80SW
6 池上 隆裕 5:50 荒川 51 ナイトレイド120
72 加藤 誠 5:55 中央防波堤 46 クルクル
65 矢部 匡聡 6:03 中央防波堤 76 レンジバイブ
72 加藤 誠 6:05 中央防波堤 52 クルクル
72 加藤 誠 6:15 中央防波堤 64 クルクル

 

番外編

クロダイ!!

雷魚??

見事なエイですね。

今回の賞品

閉会式の風景

TSSTTSSTについて | TSST OUTLINETSST RESULTTSST RULESTSST SCHEDULE

Leave a Reply