1999 TSST 5th Stage RESULT

// 1999-11-20 00:00 // INFOMATION, RESULT

11月13日(土)TSST第最終戦in葛西が開催されました。
この会場では、今年2回目の開催で前回はサイズは小さいながらも多数のシーバスがゲットされました。果たして最終戦は?
今回は最終戦という事もあり今年1年の締めくくりということで20時に集まり歓談の席に・・・・まー早い話が飲み会となりました。
今回のパーティでは30名以上が集まりテンションも高く、いろいろな方が情報交換をされる人、人。また、酒が入っていることもあって前日までのプラで70upを出し意気揚々と飲みまくる人。
「今日は何処攻めるの?」
「ん?水族館。80アップのマグロをゲットする!!」と勘違いしてる人。
調子に乗りすぎ酔いつぶれ、もう終わってる人。酒には目もくれず慎重にルアーセレクトをする人。ルアー交換をしている人。等々出る出る!!
途中でおでんを持ってきてくれた大邑さん。また、途中から焼き鳥を持ってきてくれた宮丸さん、藤田さん。家から自家製いくらを持ってきてもらった西澤さん。ありがとうございました。
おかげでパーティも盛り上がり、いい気分でトーナメントの準備の面、面、面。で、トーナメントへ。
今回はトーナメント時間を変更し0時より6時までと、なりました。ということは朝まずめをどぅ迎えるか?そう、朝まずめがキーポイントとなるはず。
と、思ったら開始早々鈴木さんが64cmをゲット。隣で一緒に来ていた菊田さん、またもボー然。しかしすぐ潮止まりを迎え、バイトもポツポツ程度。どーなる事かと思ってたら朝まずめを迎え4時頃よりヒットし出しました。荒川ポイント、江戸川ポイント等、各自各々のポイントで朝まずめを迎えました。しかし、ヒットはするがバラシが多い。だいたいの人が何ヒットもさせてますがゲットするまでが大変だったようです。
その中で唯一4ゲットされた初参加の長谷川 秋介さんが最終戦のウィナーとなりました。おめでとうございます。長谷川さんは朝まずめを江戸川ポイントを攻め見事初優勝となりました。
優勝された長谷川 秋介さんにはufmウエダのSPS862が贈られました。
で、2位は年間通しても安定したポイントで今回の葛西戦でも2位となった
上田さん。上田さんにはCANONのスキャナーが贈られました。
3位も初参加ながら前日プラをおこない魚は見えていた
霜田さん。霜田さんにはメガバスのベイスペシャルが贈られました。
で、今回は最大魚賞をもうけました。で、見事64cmをゲットした鈴木さんにはメガバスのルアー、X-80が贈られました。
で、年間チャンプは村岡 昌憲さんに決定しました!!
年間チャンピオンの村岡さんにはシマノのステラ2000DHが贈られました。
それと今回は最終戦ということもありじゃんけん大会を催し賞品だったルアー等を大量放出!!まぁー来年また揃えるのが大変ですけど。(笑)
ということで最終戦は以上な結果でした。詳しい内容は最終戦リザルトでまとめます。
ありがとうございました。
 

順 位
氏 名/コメント
ポイント
優 勝

長谷川 秋介

20
今回は初参加で初優勝なんて出来過ぎで、当惑しつつも結構うれしかったりして!
多分皆さん酔っぱらいモードで、それに助けられちゃいましたかね?
とりあえず、おでんと焼き鳥と SOLTY PLUGGER ごちそうさまでした。
ところで、今回の参加にあたって「ノーフィッシュで恥じかいたら嫌だな!」
とプラを2日間2時間づつしたのだ。
そこで、分かった事は『非常にプレッシャーに弱いポイントである』ということ。
というわけで、これを考慮して今回の作戦を立てたのだが、のっけから狙ってたポイントでは村岡さんに速効ゲット!されてしまった。
このポイントはだれも気付いていなくて狙いめだと思っていたのに・・・
しかし、他の人がフルキャストする中、村岡さんだけは、ちゃんとファーストブレークだけを狙って、こまめなポイント移動で、広範囲に探るところなんかサスガでした。
その後、水路が撃沈していたためしらけた時間が流れたが、マズメの好時間を攻め る
『ポイントセレクト』に成功したのが今回の勝因でしょう。
ここで、このポイントがプレッシャーに弱い事/荒川方面にはベイトがいないこと/江戸川方面にはベイトが溜まっていることを考えれば、おのずと攻めるポイントは決まってくるはず 。
そして、1発大物が今年はいない事を考えると、僕の中では荒川筋はまったく考えになかった。
それよりは、そこそこサイズでリミットを揃える方が得策と考えたのである。
そして、迎えた好時間に、沖の潮目に惑わされてフルキャストをしまくった人は、撃沈しただけのこと。
ここのポイントは『ファーストブレーク先の駆け上がり』ということに気付いていなかったからだろう。
それさえ解っていれば、ルアーキャストがドヘタな僕でも爆ることができるんだから!
僕の爆釣を見て『僕の前にだけ潮目ができていた』なんて言ってた人もいたが、僕は潮目まではルアーをキャストしていない事に気付いて欲しかった。
そうすれば、だれでも爆ることが出来たはずだ!
今回は見事に読みがあたちゃって、ちょっと顰蹙かなとも思ったけど、勝負は時の運!こんな事もあるのさ!
で、気を良くしちゃったので、僕のホームページで特集を組んじゃいました。
かなり、詳しくレポートしてるので、参考にしてみてくれ。
http://www.terra.dti.ne.jp/~shuchan/
それから、樋口さん初心者の僕らを暖かく迎え入れて下さってどうも有難うございました。
またTSST来年も参戦します。
そして、気にはなってたけど躊躇している人がいたら、どんどん参加した方がいいですよ。
僕だって、勢いで参加してしまった 弟に強引に参加させられてしまったんだから!
第2位

上田 貴規

15
今回は今までのトーナメントの中で一番冷静に状況を判断できたと思っています。
葛西のことは荒川側以外はほとんど分からないので選択肢も少なく、迷う要素がなかったこともありますが、早めに一本取ったことがその主な理由です。
だから中盤にサイズで負けてることが分かったときは結構焦りました。
あと、2位を決めた一匹は非常に危ないフッキング状態から
捕ることが出来たのでホントに嬉しかったですね。
ファイト中はラインブレイク直前のPEラインのように神経が張り詰めていて、霜田さんに後ろから声を掛けられたのですが、返答する余裕もあ りませんでした。
最後に今回の結果ですが、4ヒット2ゲット0なげき(爆)です。らしくないですね (笑)。
第3位

霜田 祐介

10
霜田です。TSSTご苦労様でした。
同じようなことをやっている私としては他人事ではなかったです。 でも大会は自分で出るに限りますね。
さて、コメントですが(私なんぞがエラそうにかいてもい~んでしょうか?)
今でこそボートばっかりなんですがとーぜん以前はおかっぱりでした。
特に河口やサーフです(平塚に住んでいたので)。
私ただ闇雲に投げるの好きじゃないんです。なにか目標物がないと飽きちゃうんです。
ここは釣れるからねばれとかっても~ぜんぜんだめなんです。
そこで自分なりの目標物を探してたんですけど、葛西の場合左右の杭、荒川のかけあがり、水路のワンド以外はこれといってめぼしいところないじゃないですか。
実は葛西で釣りしたのって今回のプラと大会だけなんです。
プラでは江戸川側の突端の杭で70オーバー出したんでまずあっちへいきましたが まったく無反応。
1周歩きながらベイトを探すも発見できず。 一番よさそうな荒川の突端は人でいっぱい。
水路で釣る自信なし。 そんで目にみえないベイトはどこだってんで風表。
それがちょうど荒川と水路のかどだったんで自信持って投げてました。
それがあたっただけでしょう。 ただ無条件にとてもうれしいです。(ホントはスキャナ欲しかったんですけど・・・)
来年は村岡君のイスをねらいます。

ヒットタイムスケジュール

時間
釣った人
サイズ
ルアー
ポイント
00:03 鈴木 宏次 64cm ラパラ F7 水路
00:30 村岡 昌憲 52cm ソルティ バディ 水路
00:30 上田 貴規 42cm アスリートDFパール 荒川
01:13 大谷 直治 51cm サラナ 95 荒川
01:20 霜田 祐介 48cm サラナ 95 荒川
02:15 西山 中 51cm タイドミノーPH 荒川
02:22 大平 勇治 53cm ラパラ F5 荒川
02:30 霜田 祐介 46cm KーTEN 9cm 荒川
03:10 村田 法嗣 23cm アスリート 7cm 水路
04:10 長谷川 秋介 42cm ショアラインシャイナー 江戸川
04:25 長谷川 秋介 59cm ショアラインシャイナー 江戸川
04:26 園田 洋 28cm 3Dシャッド 荒川
05:00 定方 勇一 55cm ラパラ CD7RH 江戸川
05:07 上田 貴規 60cm アスリートDFイワシ 荒川
05:20 長谷川 秋介 47cm ヨーズリマグミノーパール 江戸川
2:40 長谷川 秋介 55cm(D) ヨーズリマグミノーパール 江戸川

 
 
 

TSSTTSSTについて | TSST OUTLINETSST RESULTTSST RULESTSST SCHEDULE

Leave a Reply